根管治療

根管治療とは

根管治療とはむし歯を放っておくと徐々に進行していき、歯の神経までむし歯になってしまい、やがてズキズキとした激しい痛みに襲われます。

このような重度にまで進行したむし歯の場合でも、当院ではなるべく歯を抜かずに残す治療を行うようにしています。 重度のむし歯の治療は、歯の神経が通っている根管から神経を取り出し、消毒してから薬剤を充填する「根管治療」が必要になります。

根管治療を行うことで、大切な歯を抜歯せずに残せる可能性が出てきます。他院で抜歯するしかないと言われた方も、歯を残せるかもしれません。諦めずに、ぜひ一度当院にご相談ください。

症状について

どんな症状が現れる?

  • 冷たいものがしみて、ジンジンとした痛みが継続する
  • 温かいものがしみて、痛みもある
  • ズキンズキンと脈を打つような痛みがある
  • 激痛があったのに急に収まった
  • 歯茎から膿が出た

これらは根管治療が必要になる一般的な症状です。

むし歯の進行は止まることなく進行していきますので、放置すると最悪の場合は抜歯となってしまう場合があります。少しでも歯に違和感がありましたら、我慢せずにお早めにご相談ください。

当院が考える根管治療の重要ポイント

歯の神経を残せるかどうか

歯の神経を残せるかどうか当院が根管治療を行う上で重要視しているポイントは、「神経を残せるかどうか」です。

歯の神経を花に例えると、神経は花の根と同じで水分や栄養を歯に送る重要な役割があり、根を取ってしまうということは、水分や栄養が十分に行き渡らなくなってしまうため、花であればやがて枯れてしまうことになります。つまり、歯の場合だと歯が脆くなり、割れやすくなってしまいます。

当院では「できるだけ神経を残す」治療を最優先させますが、どうしても神経を取らなくてはいけない場合は徹底的に根管の清掃を行い、治療後は再発しないよう患者さまと一緒に定期的予防処置を行っていきます。

治療中の再感染リスクの予防(ラバーダム防湿)

根管治療は歯の根っこまで侵入している細菌をなくす治療です。その治療中に細菌が入り込んでしまうと、根管治療は失敗に終わってしまいます。

細菌は「唾液」によって入り込んでしまいます。お口の中には数多くの細菌が存在しているため、ラバーダム防湿を行うことで治療中の唾液の侵入を防ぎ、再治療を防ぐ取り組みが重要です。

高倍率ルーペの使用による精密な治療

歯の根っこは想像以上に暗くて細かく複雑な形状をしているため、肉眼での治療は困難です。

そこで当院では、高倍率ルーペを使用し、肉眼の最大約3倍にまで拡大した視野下で治療を行うことで、正確で的確な治療を可能にしています。これらの機器の使用により、治療の成功率は格段に上がります。

根管治療を行う際に知っておいて欲しいこと

再発を繰り返すと歯を抜かなければいけない可能性があります

再発を繰り返すと神経を残せなくなる可能性があります根管治療は、初回の治療がもっとも重要だといっても過言ではない治療です。一度目の治療できちんと治療を完了させる必要があります。再発してしまうと、治療の難易度が格段に上がり、歯を残すこと自体も難しくなってしまいます。

治療終了後も、定期的予防処置を受けることが大切です。

根管治療は根気が必要な治療です

根管治療は根気が必要な治療です根管治療は、歯科治療において重要な治療の一つですが、歯の状態によっては治療期間が長期化してしまう可能性があります。

また一度痛みがなくなっても、治療途中に痛みがぶり返してしまうこともあります。治療を始めると痛みがなくなるので治ったと思ってしまったり、治療期間が長期間かかるため治っているという実感がわきにくいのがこの根管治療の特徴です。治療を途中でやめてしまうと、その間に感染が進んだり歯が割れたりして歯を抜かなければいけなくなる可能性があります。

治療が終了するまで気持ちを維持するのは大変なことですが、当院も患者さまと一緒に全力で治療に取り組みますので、患者さまも完治に向けて地道に通院していただければと思います。

TOPへ戻る
TEL:0466527461 24時間web予約 TEL:0466527461 24時間web予約